王子タイムリーの紙おしぼり 乾式製法による紙おしぼりを日本で始めて開発したパイオニアとしての誇りがあります。 王子タイムリーの紙おしぼり 乾式製法による紙おしぼりを日本で始めて開発したパイオニアとしての誇りがあります。

紙おしぼりのパイオニア

おしぼりは日本固有の
「おもてなしの文化」です。

その始まりは旅籠屋で旅人へのおもてなしとして手足を拭く「手拭い」と言われています。
手拭いは奈良・平安時代には麻が素材でしたが、江戸時代には綿栽培が盛んになったことから、木綿の手拭いが安く手に入るようになり庶民にも使われるようになりました。

おしぼりとしては昭和32年に布の貸しおしぼりが誕生しました。昭和39年の東京オリンピックを契機として昭和45年の大手外食チェーン店の登場とその発展とともに現在の大きな市場に広がりました。

当社は昭和42年に現在のパルプ不織布素材を使用した紙おしぼりを試作し、東京都内の喫茶店「紀野」での使用テストを開始。その後さまざまな実験と研究を重ねてワンウエイ紙おしぼり「タイムリー」が完成しました。昭和48年(1973年)には「タイムリーおしぼり」として全国で販売開始、日本における紙おしぼり文化の礎となりました。
そして、王子タイムリーは紙おしぼりとともにその歴史を積み重ね、現在も業界のリーディングカンパニーとして、日本全国のお客様に最高品質の柔らかさ、心地よさとともに「おもてなしの心」をお届けしています。

柔らかい肌触りと心地よさの秘密

王子タイムリーの紙おしぼりは、独自技術のパルプエアレイド製法で作られています。パルプ不織布由来のソフトで優しい肌触りと高級感を演出する嵩高さを併せ持つ、上質感を感じられる紙おしぼりです。

可能性を広げる優れた商品特性 ろ過性 保液性 ソフト性 嵩高性・緩衝性

— パルプエアレイド製法とは —

パルプエアレイド製法とは、バラバラにほぐした繊維や粉体を水を使わないで、空気の流れに乗せて均一分散させ、金網上に吸い取らせて不織布を作る方法です。
不織布の原料および製法は多種多様です。製法には湿式と乾式があり、乾式のなかでも接着剤型、機械結合型、紡糸型などさまざまですが、エアレイドは接着剤型に属します。

独自製法の乾式パルプ不織布
「キノクロス」を使用しています。

キノクロスは、当社関連会社の王子キノクロスが独自のエアレイド製法で開発した不織布製品です。木材パルプ100%の原材料を、特殊バインダースプレー方式で接着、シート化しています。そのため、ウェブ密度が低く、保液性・ろ過性・嵩高性などに優れています。
また、抗菌性、水解性、難燃性などの機能を付加することができます。

製品づくりへの想い

私たちは、紙おしぼりは慌ただしい日々のひと時、気軽に心地よさを感じていただける「暮らしの名脇役」であると考えています。
大げさではない、ちょっとした心地よさをお届けすること。私たちはその意志をものづくりの原点として、これからも紙おしぼりを通じて、より多くの方々に「リフレッシュ、リラックス、リチャージ」をお届けしていきたいと考えています。

直接、肌に触れることを常に意識した、
製品づくりを心がけています。

紙おしぼりは、お客様の肌に直接触れる形で使用していただく製品です。私たちは、その特性を常に意識し、優しい肌触りと上質感のみではなく、使用する薬品・原料等の安全性などにしっかりと配慮し、お客様が当社製品を安心して心地よく使えるよう心がけています。

自然由来の素材を活用した
人と環境に優しい製品づくり。

当社には、紙おしぼりの開発当初より、人と環境に優しい自然由来の素材を活用するという意識が強く浸透しています。この意識は自社のバックグラウンドである王子グループの基本理念とも共通しており、グループ各社との密接な協力体制のもと、より人と環境に優しい製品の開発に積極的に取り組んでいます。

これからのニーズを見据え、
新たなフィールドへの展開を目指す。

当社の紙おしぼりの誕生から、すでに40年以上が経過し、パルプ不織布をベースに新たな製品ニーズも増加しています。
当社も今に留まらず、常に、時代と手に取るお客様のニーズにお応えできる製品を提供するため、積極的に新たなフィールドへの展開を進めていきたいと考えています。

お問い合わせ オンラインショップ サンプル注文